DVD,CD,ビデオ,映画,音楽online検索エンジン登録代行,無料登録,ホームページ作成
映画・ビデオ・DVD、海外ドラマ最新情報
img
検索エンジン代行
検索エンジン代行
ポリシー


一昔前のビデオカメラでは小型のVHSテープを入れて撮影を行っていましたが、データのデジタル化が進み、ビデオカメラのデータ保存機能も進化しました。最近の主流はHDD内蔵タイプやSDカードなどの外部メモリーを併用するものになります。外部メモリーに8cmタイプのDVDを使うビデオカメラも発売されており、撮影データをそのまま保存できる為、人気が衰えない機種と言えます。

通常のDVDプレイヤーでは8cmタイプの物にも対応しているため、何も問題はないのですが、一部のDVDプレイヤーでは対応していないものもある為、再生にビデオカメラが必要になる場合もあります。

ビデオカメラのコンパクトさを追求するのであれば、DVDを外部メモリーとして使用するタイプはSDカードなどを使用するタイプに比べ、大きくなる傾向がある為オススメできませんが、その後のデータ管理の便利さを考えるのであれば、DVDを外部メモリーに使用するタイプのビデオカメラを選ぶのもよいでしょう。外部メモリーにDVDを使用しているビデオカメラであれば、HDDに記録した映像をそのままDVDに焼いてくれる機能もついていますので、機械が苦手な人にとっても簡単にDVDにデータを落とすことができます。

しかし、DVD機能付きのビデオカメラでは撮影時間が短くなる傾向があります。近年SDカードも容量が大きくなったものが出まわるようになり、内蔵HDDの容量も増えているため、これらのタイプのビデオカメラでの撮影は長時間に対応できるといえます。DVDの方は片面2層や両面での撮影が可能ではありますが、HDDやSDカードに比べ、形状は変えずに容量を増やすことは難しいのです。その為、近年ではDVD使用のビデオカメラでの撮影は、撮影時間が他の機種に比べ短くなる傾向があるといえます。その差は顕著なわけではない為、データ管理のわずらわしさと、撮影可能時間の差を比較しても、DVDタイプのビデオカメラを選ぶ人が多い理由になるでしょう。

運営者情報 プライバシーポリシー